背泳ぎでまっすぐ泳ぐ方法はどうしたらよいでしょうか?

背泳ぎはまっすぐ泳ぐのは結構難しいものです。

屋内プールでしたら天井を見ながら泳げばまだ大丈夫ですが

屋外プールになりますと天井がありませんので

目印がない状態で泳がないといけません。




背泳ぎでまっすぐ泳ぐ方法はどうしたらよいでしょうか?



背泳ぎは手と足の動かし方さえ間違わなければ

ある程度は真っ直ぐに泳げる様になります。

特に左右バランスよく同じくらいの力で動かせば

まず曲がって泳ぐようなことはそれほどありません。



まっすぐ泳げない理由で大きいのが手のかき方です。

背泳ぎの場合は入水位置から最後の水を押し出す部分まで

全て自分の目で確認できませんので修正するのが大変です。






解消する1番いい方法は・・・

両手同時に手をかく練習をすることです。

わかりやすい言い方をしますと両手背泳ぎですね。

普段は左右交互に腕をまわしているのを同時に手をかく練習です。




この両手背泳ぎをすることにより左右の手のかき方の

ズレを修正することができます。

同じ様に動かしても途中動作で違う動きをしていたら

そのズレた場所を確認しながら修正していきましょう。





あと両手同時の動きをしていますのでローリング動作はできませんが、

水を押し出した後に両手を上げる動作であるリカバリー動作の

チェックを行う事も可能です。

これは水の上の動作になりますので自身の目で確かめることができます。




もう1つまっすぐ泳ぐ方法があるのですが、

それはコースロープを見ながら泳ぐという事です。

左右のコースロープを見ながらどの位置にいるか

自分自身で確認しながら泳いでみましょう。

このページの先頭へ