背泳ぎのタッチターンはどうやって行いますか?

背泳ぎのターンはとても難しいです。

特に壁が見えるわけではありませんので

タイミングが他の種目よりも難しいです。




背泳ぎのタッチターンはどうやって行いますか?



タッチターンは基本的には手が壁についてから

次の方向に身体をむけて勢いよく壁を蹴る動作です、

クロール、平泳ぎ、バタフライではこれらがカンタンです。

ですが背泳ぎは壁が見えない上にどちらで壁につくか予想できません。




先にもかいていましたが難易度はかなり高めです。

これを攻略するには1つポイントがあります。

5mのところにある旗(フラッグ)を利用することです。

プールによっては旗(フラッグ)がない場所もあります。

代わりに天井にラインが引いてあったり細いロープだったり

全くない場所もありますので、その時はコースロープを利用しましょう。




ます5mのとこの旗(フラッグ)が見えてから

何かきで壁につくのかひたすら練習します。

泳ぐスピードはできるだけ全力にして下さい。

そうすることでどれくらいで到達するかわかるようになります。




最初は壁に頭をぶつけることもあるかもしれませんが

できない人はみんなそういうところからスタートしていますので

諦めずに頑張っていきましょう。




何かきで壁に到達するかわかるようになりましたら、

壁まで泳いで実際に壁にタッチしてもらいます。

それができましたら壁についた方のヒジを曲げて

素早く両ヒザを引きつけましょう。

その後に壁についた手で壁を押しながら両足を壁につけて

最後は壁を蹴り出します。





これがタッチターンの一連の流れです。

このページの先頭へ