クロールで遠泳をする為のコツはありますか?

クロールでは長い距離を泳ぎやすい種目でもあります。

オープンウォーターやトライアスロンでも

クロールを使う人が圧倒的に多いのです。




そこで、クロールで遠泳をする為のコツとは?

以下にまとめてみました。



・足を激しく動かさない

クロールだけでなくどの種目でもキックを打ちすぎると

すぐにバテてしまうのです。

これは一般的にですが、足の筋肉量が腕の筋肉量の

3倍あると言われています。


つまりそれだけあるということはたくさんの酸素を消費しますのでバテます。

ですから遠泳するときには極力動かさない様に泳ぐ事をオススメします。



・呼吸回数を多くする

遠泳をするとなりますと、どうしても酸素の確保は必要となります。

その為には呼吸回数を多く取る事をオススメします。


右・左・右・左と手を一回回すたびに毎回呼吸しますと、

目がまわりますので、そこまでしなくてもいいです。

基本的には両方呼吸できればいいのですが、

今回の場合でしたら片側だけ呼吸できればそれでいいです。

例えば右側呼吸でしたら右手を後方にかくときに呼吸するのです。


これを毎回リズムよくするだけでも呼吸はかなり楽になります。



・力まずにリラックスして泳ぐ

遠泳をするということは、長い時間を泳ぐという事です。

ですからガチガチに力を入れて泳ぐのではなくて

身体の力を抜いてリラックスして泳ぎましょう。


そうすることで余分な力が抜けて気持ちよく泳げます。


これらを参考にしながら遠泳をやってみて下さい。

このページの先頭へ