けのびだけで5mまで進む方法をしりたいのですが、ありますか?

プールで泳ぐ時にはけのびは、ものすごく大事になります。

このけのびに関しましては、オリンピックに行く選手でも

おろそかにはしません、むしろ大事にしているくらいです。

それだけ泳ぎに関してのけのびの重要性が高いということです。




では、けのびだけで5mまで進む方法はあるでしょうか?



泳げない人にとって5mとは、とてつもなく長い様に感じます。

ですが、ちょっとしたコツさえつかんでしまえば

5mまではあっという間に到着します。




それは何かと言いますと・・・

けのびの姿勢とスタートの時に壁をしっかりと蹴るということです。





まずけのびの姿勢ですが、頭の後ろに両腕をもってきます。

そして真っ直ぐに上に伸ばしながら、手を重ねます。


この時にヒジをしっかり伸ばして手はどちらが上になってもいいですので

上にある手の親指で下の手をロックします。



そしてスタートの時に壁を蹴るのですが

できるだけ腰と胴体、頭が壁を蹴る足と

同じ高さになるようにして下さい。




そして勢いよく壁を蹴り出します。

蹴り出すときに背伸びをイメージしながら思いっきり身体を伸ばします。

この時に余分な力は一切入れない様にしてください。

あと足を広げてしまうとブレーキになりますので

足は閉じた状態で浮く様にしましょう。



上記のことさえ守れば、5mは楽にクリアできます。

このページの先頭へ