バタフライの体重移動はどうやってやるのですか?

バタフライはうねりを使った上下運動をしながら前に進んでいきます。

そのために必要になってくるのは、体重移動ということです。

これができるこで、より楽にバタフライを泳げる様になります。



バタフライの体重移動はどうやってやるのでしょうか?



バタフライの体重移動は、ドルフィンキックをする時に

いかに身体をナナメ前に沈みながら泳ぐのかが重要です。


身体をナナメ前に沈みながら泳ぐという事とは

体重移動への準備という認識でいいです。



沈むことによって、その反動で浮力が生じて

体力の消耗の少ない体重移動ができるようになります。




まずはイルカ飛びを練習してみるといいかもしれません。

前方へ手の指先から潜って・・・手の指先から浮上する

この動作を繰り返し練習するようにしていきましょう。

これが体重移動のコツであります。




バタフライを長く泳ぐ事で疲れやすくなります。

その疲れてきたときほど体重移動を

上手くやって行く必要があるのです。




水の中の動きですが、耳の上に腕を持っていきます。

それをすることにより体重移動がしやすくなります。

これが耳の下に腕がきてしまうと体重がのりにくくなり

前になかなか進む事ができません。

体重移動は正しい方法をしっかりとマスターしておこないましょう。

このページの先頭へ