平泳ぎの足の使い方はどうしたらいいですか?

平泳ぎは足の使い方次第で速く泳げるようになります。

もっといいますと、平泳ぎのできない最大の理由は

平泳ぎの足の使い方ができていないということです。




平泳ぎは足さえできてしまえばもうほとんどできたのと同じです。



では、平泳ぎの足の使い方は?



・横に回すのではなく、真っすぐ後ろに蹴る。

平泳ぎのキックというのは足を引いてから蹴り出す時に

一度横に足を回してからけるようなイメージがあるかもしれませんが

実はそうではなく真っすぐ後ろに蹴り下ろした方が

膝への負担もなく進みやすいキックを打てるようになります。





平泳ぎのキックは足の内側で蹴るとか

足を回転させて足の裏の内側を使って蹴るなどという

間違ったイメージを持っている方が多いです。

そういう方ほどあおり足になってしまいます。

ですので真っすぐ蹴り下ろすと言うイメージを持ちましょう。




・かかとで水を押し出す

平泳ぎの足は足の裏側を使って水を蹴るというイメージもありますが

そのイメージが先行してしまいますと、あおり足になってしまう可能性が高いです。

そうならないようにかかとで水を押し出すというイメージを持ちましょう。

ポイントはかかとと足首に力を入れるという事です。

これをすることによって、あおり足にはかなりなりにくくなります。




このページの先頭へ