クロールを泳ぐとなかなか前に進みませんがなぜでしょうか?

クロールは4泳法の中でも比較的にカンタンに泳げる様になる種目ですが

なかなか前に進みないと嫌になってしまうこともありますよね。




クロールが前に進まない理由は大きく2つあります。





1つは手で水を上手くとらえる事ができなくて前に進まないということです。

クロールは手だけでもスイスイ泳ぐ事ができる種目でもありますので

手を上手く使えるようになったら楽に泳げる様になります。




そのためには手のひらにしっかりと水を当てながら泳ぐことです。

手にしっかりと水を当てるのと同時にもう1つ必要なのは

前腕にもしっかりと水を当てて泳ぐ事です。





この両方にしっかりと水を当てて泳げる様になるドリル練習がありまして

手をグーにして泳ぐ事です。


この練習では手のひらには全く水が当たりませんのと同時に

前腕で水をとらえながら泳がないと前に進みません。

慣れないうちは大変ですが、やっていくうちに泳げる様になります。



ある程度感覚がつかめましたら、今度は手を通常に戻して同じ様に泳いでみます。

そうすると手に水の当たる感覚がわかるようになってくるはずです。

この感覚をしっかりと覚えながら泳ぐ様にして下さい。




もう1つは足で進んでいないということです。

おそらくヒザが伸びきった状態で泳いでいるか

足首に力が入りすぎてつま先で水を蹴っているのが主な原因です。


ヒザはかる曲がっていいですので、しっかりと足の甲とすねで水を蹴っていきましょう。

足の甲で水をとらえることができましたら、つま先で水をけることはありません。




主な原因はこの2つですが、他にも腰の位置が沈んでいるので

前になかなか進まないということもあります。


大半は頭の位置が上がりすぎているというのが原因です。

アゴを軽くひいて下を見ながら泳ぐようにしますと

腰の位置が高くなりフラットな姿勢で泳げる様になります。

このページの先頭へ