クロールのドリルってどんな種類がありますか?

クロールの泳ぎを改善していくに当たって

ドリル練習というのは欠かせません。

クロールのドリルは種類が豊富です。




カンタンなもので言えば片手クロールですね。

この片手クロールだけでも複数種類あります。





まずはオーソドックスな

両手を前に伸ばした状態から片手を回します。

その時に手をかいた方向で呼吸をします。

足を止めずに出来るかがポイントですね。




今度は回さないほうの手は気をつけで

片手を回しますが、今度は回している方の手が入水した時に

反対の方向へ呼吸をします。

足を止めないことと呼吸のタイミングが大事です。





この他にも両手を前に伸ばして

右手3回まわしたら左手3回まわすのを交互にします。

この時に右手と左手を入れ替える時にバラバラにならず

クロール本来のストロークになるようにするとよりいいです。





キックにもドリルがありまして、

真横を向いて泳ぐサイドキックや

上を向いて泳ぐ背泳ぎキック、

潜って泳ぐ潜水キックなどあります。




特に潜水キックは足の甲と裏の水の当たり方で、

浮いたり沈んだりできるのです。

足の甲ばかりで蹴っていると浮いてきて、

足の裏ばかりで蹴っていると沈みます。


できればこれを自由自在にできるようになるといいです。




他にも水を掴むためのスカーリングだったり

呼吸のタイミングをとるためのドリルだったり

数多くのドリルが存在します。

このページの先頭へ