クロールの泳ぎ方で息継ぎを上手にする方法がありますか?

クロールを泳ぐ上で難しいのが息継ぎです。

普段の生活の中で息を止めるということは、しませんので。

慣れていないので上手くいかない事が多いです。





では、クロールの泳ぎ方で息継ぎを上手にする方法とは?




クロールの息継ぎで気をつけないといけないのは

息継ぎする時の姿勢です。

この時に最も多いのが、あごを上げてしまう事です。




あごを上げてしまうというのは、

日常生活において同じ事をしてしまいますと・・・

息苦しくなり同じ姿勢を長く続けれません。

ですので、あごを少し引くくらいにしましょう。




次に首だけをひねってしまう事もよく見られます。

これも日常生活の中ではやりませんよね。

もしやってしまうと、こちらも息苦しくなります。




クロールの息継ぎは首だけをひねるのではなく、

肩を水の上にあげれば楽に息継ぎ動作ができます。

布団でうつ伏せに寝ている状態から、

90度真横に向くようなイメージです。




水の中での息の使い方でも楽になる方法があります。

それは、顔をつけている時に

【ブクブクブク】と息を吐く事です。

息を吐く事で顔を上げた時に、すぐ吸う動作に入れます。




息を止めている状態で顔を上げて息継ぎをしようとすると、

先に吐く動作をしてから吸う動作をしなくてはなりません。

ほんの短い時間の間に吐いて吸うというのを一気にやるのは難しいです。

ですので顔をつけている時にはある程度息を吐いて、

顔を上げた時に一気に吸いましょう。

これだけで随分と楽になります。


このページの先頭へ