クロールのクイックターンの練習はどうすればいいですか?

プールでクロールを長く泳ぐためには、

ターン動作が必要になります。

その中でも、クイックターンというのは、

すごく有名で速くターンができます。




クロールのクイックターンの練習は

どうすればいいのでしょうか?






クロールのクイックターンは、

プールでやらないとできないと思われがちですが、

実は陸上でもやることが可能です。







布団がマットを敷いてもらって、その上で前回りをします。

前回りが終わったときにしっかり両足を地面につけ

頭の上に手を組んで上へ背伸びします。




次に、よりしっかりと蹴れるために

ジャンプ練習をします。




軽くしゃがんだ状態から、

上に向かって手を伸ばしながらジャンプします。

それができましたら、同じ様に頭の上で手を組んで

上に向かってジャンプします。





慣れてきたら2回ずつ連続でやってみます。

手を伸ばしながらのジャンプの方がより上に飛べますので

頭の上で組んだときには少しジャンプ力が落ちます。

ですが同じくらい飛べるのを目標にします。




上記で書いた2種類の練習法も

余裕ができてきたら呼吸を止めてやります。

本来、ターン動作は呼吸する事ができませんので、

実際のターン動作を意識しながらやってみて下さい。




これがしっかりできたときには、

プールの中でも同じように出来る様になっています。

このページの先頭へ