クロールで正しい息継ぎの方法はありますか?

クロールを泳ぐ時に息継ぎというのは、

初心者にとっては大きな壁になります。

ですが、ここを乗り越えますと、クロールは楽に泳げる様になります。




では、クロールで正しい息継ぎの方法とは?




クロールの息継ぎは、慣れない時にはビート板を使用します。

そして顔をつけて息を吐きます。

この時に一気に息を吐くのではなく、

ブクブクブク・・・と少しずつ吐く様にして下さい。





そのあとに顔上げて呼吸をします。

水の中である程度、息を吐いていますので、

顔を上げた時に、すぐに息を吸う事ができます。




クロールの息継ぎを上手にする為には

水の中である程度息を吐くことが大事です。




もし、息を吐く事を怠ったら・・・

顔を上げた時に、先に吐く動作が入り、

息を吸うのはその後になります。

ですので、息をあまり吸えなかったり、

顔を上げている時間が長いので体が下がったりします。




これを真横を見ながらでも同じ事ができればいいのです。

顔をつけて手をかきながら体を真横に向けて呼吸をします。

ここで気をつけたいのが、あごの位置です。




あごの位置が上がりすぎると、首をしめてしまうことになります。

首がしまるということは、器官をしめてしまうので

呼吸がしにくくなります。




顔を真横に向けて泳ぐ時には、

前に伸ばしている手に耳をつけるような感じで泳ぐのが理想です。

顔をあげるというよりは、肩をあげるというイメージで

泳ぐのが一番いいですね。

このページの先頭へ