クロールのツービートとはどのようなときに使いますか?

クロールのキックの打ち方はいくつかあります。

一番メジャーなのはシックスビートです。

1ストローク中に足を6回打つということです。





中には1ストローク中に足を2回打つという

ツービートで泳ぐという人もいます。




ではクロールのツービートとはどのようなときに

使うのでしょうか?





クロールのツービートは、

基本的には長い距離を泳ぐ時に使います。

クロールの長距離やオープンウォーター、

トライアスロンによく使われています。




なぜ長距離でツービートが使われているかといいますと、

足をあまり打たない方が長い距離では楽にスピードが出るからです。

長い距離で足を速く動かしすぎますと、すぐにバテます。

陸上でいうマラソンで短距離走みたいに

全力で足を動かすようなことをしないのと同じです。





一定のリズムで楽に足を動かしながら

泳いでいくのが理想です。




ツービートはシックスビートに比べますと

足の蹴り幅が少しだけ大きくなります。

そして1回あたりのキックも鋭く打ちます。




ツービートの役割としては、

腕や呼吸に負担をかけないようにして泳ぐのと

リズムよく楽に泳げるということです。




ツービートの打ち方はバタフライのキックを

片足でやるのとかなり似ていますので

ツービートを強化したいのであれば、

バタフライのキックを強化してあげるといいです。

このページの先頭へ