「平泳ぎ」の記事一覧(3 / 4ページ)

平泳ぎを泳ぐ時に抵抗を減らすにはどうしたらいいですか?

平泳ぎは4泳法のなかで最も水の抵抗を受けやすい種目であります。 特に横へ大きく手や足を出しすぎてしまいますと、進みにくくなります。 平泳ぎを泳ぐ時に抵抗を減らすにはどうすればいいでしょう? ・高い姿勢を保つ 平泳ぎは足の・・・

平泳ぎのウィップキックはどのようにすればいいのですか?

平泳ぎのキックは大きく2つに分かれます。 初心者が最初に覚えるキックはウェッジキックといいます。 そして慣れてきたらウィップキックをというやり方をします。 では平泳ぎのウィップキックはどのようにすればいいでしょうか? ま・・・

平泳ぎの呼吸で重要なのは何ですか?

平泳ぎを泳ぐ時にストロークも重要ですが 距離が長くなるにつれて呼吸のやり方もとても大切になってきます。 これはどの泳法でも共通して言えることです。 平泳ぎの呼吸で重要なのは何でしょう? ・顔の上げるタイミング 平泳ぎの顔・・・

平泳ぎが遅いのですが、どうやれば早く泳げますか?

平泳ぎは4泳法の中で、最もスピードが出にくい泳ぎ方ですが 同時に楽に長く泳げる泳法でもあります。 スピード遅いのはまだいいのですが、なかなか進みにくいという方もおられます。 ではどうしたら早く泳げるようになるでしょうか?・・・

平泳ぎとクロールはどちらが泳ぎやすい?

平泳ぎとクロール・・・ どちらも種目も初心者の人や長い距離を泳ぐ時に使われます。 では平泳ぎとクロールはどちらが泳ぎやすい? 平泳ぎは、長い距離を泳ぐにはあまり適していません。 なぜかと言いますと、水の抵抗を受けやすいの・・・

平泳ぎの沈む原因はどういったとこにありますか?

平泳ぎは4泳法の中でも楽に泳ぎやすい部類に入りますが 水の抵抗をまともに受けてしまいますと、一番進みにくい種目でもあります。 特に身体が沈みやすい種目でもあるのです。 平泳ぎの沈む原因はどういったとこにあるdせしょうか?・・・

平泳ぎのウェイブ泳法とはどんなのですか?

平泳ぎで1990年代に流行った泳ぎ方があります。 それがウェイブ泳法というものです。 アメリカのマイク・バローマン選手や、日本の林亨選手などがよく使用していた泳法です。 ウェイブ泳法とは大きく身体を水の上に出して、その勢・・・

平泳ぎとクロールではどちらがカロリーを消費しますか?

平泳ぎとクロールはどちらも長い距離を泳ぐのに使われます。 長い距離を泳げるという事は・・・ つまりダイエットにも向いているということです。 では平泳ぎとクロールではどちらがカロリーを消費するでしょうか? 健康づくりのため・・・

平泳ぎでは手のひらをどのように使えばいいでしょうか?

平泳ぎでは手だけではあまり進みません。 これは他の泳法とは違って手の動かせる範囲が少ないからです。 ですが、使い方次第では物凄く進むようになります。 平泳ぎでは手のひらをどのように使えばいいでしょうか? 手をかき始めると・・・

平泳ぎにおいて腰の位置はどの辺りがきてベストですか?

4泳法ともに泳ぐ時には腰の位置はかなり重要視されます。 なぜかと言いますと、この腰の位置により進む・進まないが大きく左右されるからです。 腰の位置はもちろん低いよりも高い位置の方が安定して泳ぎやすくなります。 平泳ぎにお・・・

このページの先頭へ